cry no color


いつものことだけど夜が終わるのがはやい。夜が短くてがっかりする。つまらないよ。あっという間に朝になったらいやでもお別れしなきゃいけない。誰かと夜に起きて過ごすことはとても贅沢で楽しいのに。誰かと夜に寝て過ごすことよりも楽しい。だけどいつものことだけど私はずっと永遠のような時間を見ていたいのにそんなものは泡みたいにパチンとはじけてすぐ朝だ。
今日も。


恋人も後輩も優しいけど私がほしいのはそういうものではない。私は私がほしい。私が私をあげるって言ってるのに、どこを、何を見ているんだろう。優しくしてほしいけど私がほしいのはそういうものだけではない。誰も知らない秘密もいらない。ただ飾りではなく私に触ればいいのにってそう思っているだけ。いつものことだけど。


つまらない。つまらない。毎日つまらない。世界はつまらない。もともと私が知っていることはそういうことだったけど、私が知りたいことはもっと別のなにかだと思っていた。友達は美しくて恋人は甘くて後輩は従順で先生はりっぱだと信じていたのに違うんだね。これを裏切りと言うのはさすがに恥ずかしいからやめとくけど、がっかりする。つまらないよ。あっという間に時間がきたらいやでもお別れしなきゃいけないのに、どうして誰も淋しがったりしないんだろう。それが大人だから?抗うのは恥ずかしいことだから?本心を告げれば私が愛想をつかして消えてしまうとでも思ってるんだろうか?いつでも優しくしてあげる。優しくしてあげられるのに。あなたが優しくしてほしいと思っているうちは永遠のような時間を見ているのに。


出かける準備をしはじめると途端にすべてがほつれだすような気がする。なにもかも完璧に頭が働いていると勘違いしてしまうのはどうしてなんだろう。私は私がほしいもののことを一番よく知っているはずなのに。

comments(0) / -
- / -
Speak Your Mind...